配管工ってどんな仕事?仕事内容や将来性などを紹介します!

 

皆様、こんにちは。

兵庫県加古川市で工場・プラントの配管工事や機械製造を手がけております榊工機です。


弊社がメイン事業として行っている配管工事は、さまざまな場所で必要とされる重要な仕事です。とはいえ、配管は縁の下の力持ちのような存在なので、配管工が具体的に何をやっているのかご存じない方も多いのではないでしょうか。今回は、配管工に興味のある方のために、配管工の仕事内容や将来性についてご紹介します。



■配管工の仕事内容とは



配管工は、給排水管やガス管といった配管の設置・管理・修理・撤去などを行う仕事です。配管は目に見えないところにあることも多い設備ですが、とても重要な役割を果たしています。たとえば、蛇口をひねると当たり前のように水が出てくるのは、水道管が適切に設置されているからです。


また、ガスコンロやガス給湯器を使うにはガス管が必要ですし、エアコンは室内機と室外機をつなぐ配管がなければ機能しません。電気配線を通して保護するのにも配管が用いられ、プラントでは特殊な気体や化学薬品を運ぶのに必要です。防災や衛生関係の設備で使われることもあるなど、配管は実に多彩な場面で活躍しています。


つまり、配管は非常に重要なインフラであり、私たちの生活は配管なしには成り立たないのです。その設置やメンテナンスを担っている配管工は、まさに社会を支える仕事といえるでしょう。



■未経験からでも手に職を! 資格の取得でキャリアアップ



配管工は、手に職をつけて安定して働きたい方にもおすすめの職業です。配管は一見どれも同じような管に見えるかもしれませんが、実はさまざまな種類があります。用途によって中に通すものや設置する環境が違うため、それに応じた素材を選んで作ったり適切な形状に加工したりする必要があるからです。


特に弊社が手掛けているプラント配管の仕事では、大規模かつ特殊なものを流すことが多く、素材や形状がより重要になります。配管工には現場に応じた臨機応変な対応力が求められ、そのための知識や技術は一朝一夕で身に付くものではありません。その分、一度身につけた知識と技術には高い価値があり、どのような会社や現場に行っても通用する職人になれます。


さらに、十分な経験を積んだら資格の取得を目指してみましょう。「配管技能士」や「配管工事施工管理技士」「建築設備士」といった国家資格を取得すれば、より活躍の場を広げられます。意欲があるなら独立することも可能です。未経験者でも、しっかりと経験を積めば一人前の職人になれるので、手に職をつけたい方はぜひ配管工を目指してみてください。



■配管工の将来性



配管工を目指す方にとって、業界の将来性はとても気になることと思われます。最近はAI やロボットの進化が目覚ましく、多くの仕事が機械に取って代わられると予測されているため、「配管工の仕事も機械に奪われてしまうのでは?」と不安になる方もいるでしょう。


しかし、結論からいうと当面その心配はいりません。前述したように、プラント配管という仕事は現場に応じた細かい対応が必要で、極めて繊細な微調整が求められることもあります。つまり、豊富な経験と優れた感性を持った人間=職人にしかできない部分が多いため、簡単に機械に仕事を奪われる可能性は低いのです。


したがって、今から配管工になったとしても、将来まで仕事を失う心配をせずに働けます。いつまでも安定して収入を得たい方は、配管工を目指すのがおすすめです。



■榊工機で配管工の技術を身につけてみませんか?



配管工は、みなさんの暮らしになくてはならないインフラを支える、やりがいの大きな仕事です。榊工機でも誇りを持って業務を行っており、さらなる発展のために一緒に働く仲間を募集しております。


弊社は自社工場をベースにしたクオリティの高いものづくりをしており、大手企業様からもご指名をいただいている会社です。先輩スタッフがしっかりと教育しますので、未経験でも安心して働ける環境になっております。一緒にお仕事をする下請け業者の方は年齢層が若いため、20代~30代の方でも問題なく溶け込んでいただけるでしょう。


もちろん休日もしっかり取れ、残業代もすべて支払っております。年齢や学歴は不問、若くて陽気で熱意のある方はどなたでも歓迎いたします。榊工機で配管工の技術を身につけ、現場監督もできる一人前の職人を目指してみませんか? ご応募お待ちしております。


<榊工機の求人情報>

https://www.sakakikoki.co.jp/recruit