工場・プラントの配管を行っている榊工機はこんな会社です!

  New

皆様、こんにちは。兵庫県加古川市で工場・プラントの配管工事や機械製造を手がけております榊工機です。


新型コロナウイルスによる景気の悪化や、世帯年収の低下が連日のように取りざたされる昨今。これから10年、20年先には、いったいどんな社会になっているのでしょうか。

一つ言えることは、何らかの「技術」をもっているほうが、しなやかな働き方・生き方ができる、ということです。


今回は大手製造会社関係の仕事が多く業績が安定している榊工機が、どんな会社であるかご紹介いたします。



■半世紀以上にわたる、ものづくりの歴史があります



榊工機は兵庫県加古川市で昭和42年に創業。実に55年近い業績を誇ります。平成18年に2代目である現代表が事業を引き継いでおりますが、浮き沈みの激しいこの業界にあって、半世紀以上にわたり会社を続けることができたのは、ひとえに高い技術力と信頼ある施工をモットーに、努力を積み重ねてきたためです。


榊工機が手がけるのは、主に工場やプラントなどの配管工事。配管工事は施設の血管とも呼べる大切なもので、配管工事なくしてはインフラが成り立たず、皆さんの暮らしを支える意義ある仕事をしています。


ほかには製缶加工工事・管工事・機械器具設置工事・鍛冶工事一式・鉄骨工事・足場組み立てなどの鉄骨工事などにもオールマイティに対応しています。



■日本を代表する企業をはじめ、依頼が絶えない会社です



榊工機の強みの一つに、自社工場をベースにしたクオリティの高いものづくりの体制が挙げられます。各種製作・加工はすべて自社対応で、お客さまの細かなご要望にも臨機応変にお応えできる、ものづくり魂にあふれた会社です。


現在は新型コロナウイルスの影響で、大企業で早期退職を募るニュースなどが世間を騒がせていますが、榊工機は積み重ねてきた実績と信頼のおかげで業績が安定しており、現在も数多くのお客さまからご指名が絶えません。とりわけ日本を代表する鉄鋼メーカーである神戸製鋼の関連会社様から篤い信頼をいただいております。


長年お付き合いのある取引先さまからは、「榊工機さんに任せておけば安心だから、もっとお願いしていいのなら、どんどん甘えたい」とのお言葉もいただいております。このようにお客さまからのご依頼に全力でお応えし、かつ自社職人育成による技術力向上をめざすため、榊工機では求人を積極的に募集しています。



■明るく元気な人を募集中! 技術を身に付けて安定した収入を



榊工機の社員は目利き・腕利きのベテラン揃い。未経験者でもゆくゆくは現場監督がこなせるよう、きっちりノウハウを伝えることができます。こうしたことは、なかなか本やネットのマニュアル頼みとはいかないので、確かな技術を身に付けて安定した収入を得たいと思っている方には、生きた教科書が揃っている榊工機は、またとない就職先です。


一昔前の職人というと、無口でとっつきにくいイメージがありますが、榊工機の社員は皆、陽気な性格の持ち主です。一緒に仕事をする下請け業者の人たちも20〜30代と若い世代が中心なので、明るく元気な人に来ていただけたらと思います。基本的には髪型やカラーリングの制約もないので、自分好みのファッションやスタイルを貫けます。


お休みは第2・第4土曜日と日曜祝日。ただし休日出勤の場合は通常の残業代より3割増の支給となるため、土曜も出勤を希望する社員もいるほどです。

もともと基本給のベースが高く、残業代もすべて支払っておりますので、給与面では同業の他社に比べて優れています


またこの業界は、クライアントの予定や天候の具合でどうしても残業が発生してしまいますが、法律で定められている時間は超えないよう調整していますので、ご安心ください。資格手当もあり、取得費用は会社負担。手に職をつけられるサポート体制も自慢です。

少しでもご興味のある方は募集要項(https://www.sakakikoki.co.jp/recruit)をご覧の上、お気軽にお問い合わせください!


アーカイブ

人気記事