配管工の平均年収は?未経験の場合の年収など解説します!

 

皆様、こんにちは。兵庫県加古川市で工場・プラントの配管工事や機械製造を手がけております榊工機です。

配管工のお仕事はきつそうなイメージがあるかもしれませんが、年収はどのくらいなのでしょうか?簡単ではない仕事なのに見合った給料がもらえなければ不満が募ってしまうので、条件はしっかりと吟味したいと思う人は多いはずです。

特に入社時の基本給が安いと不安になりますよね。今回は配管工の平均年収はどのくらいなのか、基本給はどのくらいなのか、榊工機の場合はどうなのかといった点について紹介していきます。配管工の仕事に興味がある人はぜひ目を通してみてください。



■配管工の平均年収はいくらくらい?



配管工の年収は、350~400万前後が相場となっています。配管工の年間ボーナスは、月給の1.5ヶ月分が平均です。

年収400万円だったと仮定すると、月給はおよそ29万円、ボーナスはおよそ35万円という金額が算出できます。配管工の年収は少しずつ上がっているため、将来的にはさらに高くなる可能性も考えられます。



■基本給はほとんどが20万前半からスタート



配管工の基本給は、一般的には20万円台前半からのスタートが多くなっています。未経験で入社した場合は、それよりもさらに低くなるケースが多いです。基本給をベースとして考えてみると、かなり低いと感じてしまうかもしれません。

しかし、経験を積んでいきスキルアップできれば基本給に手当などが上乗せされたり、ベースアップされたりする可能性もあるため、地道に知識や経験を身に付けていきましょう。多くの場合、知識や技術が身につくとより責任のある仕事を任されるようになり、基本給が少しずつ上がっていきます。そのため、最初は給料が少ないと感じるかもしれませんが続けていく価値は大いにある仕事です。



■榊工機は未経験でも基本給が高いのが特徴!



配管工の仕事を未経験で始めた場合、先ほどご紹介したように基本給が安くなるケースが多いです。しかし榊工機の場合は、未経験でも26.4万円が基本給となっているため、高収入を得られます。

また、資格補助手当や役職手当、出張手当といった手当も充実しています。資格補助手当は、アーク溶接やガス溶接、玉掛技能、研削といし、検電、床上操作式クレーン、高所作業者など業務を遂行する上で必要となる資格を取得する際の費用を会社が負担してくれる手当です。役職手当は、技術や能力が認められて責任が大きい立場になった時に支給されます。榊工機は、全国の施工に対応しているので出張することもありますが、きちんと出張手当が支払われるので安心です。

各種手当が用意されているため、働きながらスキルアップしたいと考えている人にとっても働きやすいと感じられる環境が整っています。資格補助手当をもらいながら資格を取得していけば、可能な仕事の範囲も増え、少しずつ重要な役割を担えるようになっていきます。そしてそれが役職手当にもつながっていくのは大きな魅力です。

初めから基本給が高めに設定されている榊工機であれば、手当がつくと大きな収入につながります。手に職を付けて安定した収入を得たいと考えているなら、榊工機はとても魅力的な会社です。



弊社は自社工場をベースにしたクオリティの高いものづくりをしており、大手企業様からもご指名をいただいている会社です。先輩スタッフがしっかりと教育しますので、未経験でも安心して働ける環境になっております。一緒にお仕事をする下請け業者の方は年齢層が若いため、20代~30代の方でも問題なく溶け込んでいただけるでしょう。

もちろん休日もしっかり取れ、残業代もすべて支払っております。年齢や学歴は不問、若くて陽気で熱意のある方はどなたでも歓迎いたします。榊工機で配管工の技術を身につけ、現場監督もできる一人前の職人を目指してみませんか? ご応募お待ちしております。


<求人情報>

https://www.sakakikoki.co.jp/recruit